進行方向別通行区分の指定があるとき

進行方向別通行区分の指定があるとき

車は、車両通行帯のある道路で、標識や標示によって交差点で進行する方向ごとに通行区分が指定されているときは、その指定された区分に従って通行しなければなりません。

 

指定方向別通行区分 合宿免許スーパー

ただし、緊急自動車が近づいてきたときや、工事などでやむを得ない場合を除いて

 

指定方向別通行区分 合宿免許スーパー

また、二段階の右折方法が指定されている交差点を右折、左折しようとする原動機付自転車と軽車両は、道路の左端によって通行しなければなりません。

【道路交通法第35条】

 

このブログ記事について

このページは、海野が2010年12月19日 10:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「左の標識は、道路の行きどまりを表している・・・ 二種免許学科試験問題  N 124」です。

次のブログ記事は「左のような標識のある交差点では、大型、中型乗用自動車以外の車は直進・・二種免許学科試験問題  N 125 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。