原動機付自転車

原動機付自転車

主に排気量50ccのガソリンエンジンまたは出力0.6kWの電動機を搭載した二輪車を指す。

通称原付(げんつき)。

道路交通法での原動機付自転車定義

 

原動機付自転車

50cc以下(ミニカーを除く)を原動機付自転車とする(道路交通法等)

  1. 「原動機付自転車 内閣府令で定める大きさ以下の総排気量又は定格出力を有する原動機を用い、かつ、レール又は架線によらないで運転する車であつて、自転車、身体障害者用の車いす及び歩行補助車等以外のものをいう。」(道路交通法第2条第1項第10号)
  2. 「道路交通法第二条第一項第十号の内閣府令で定める大きさは、二輪のもの及び内閣総理大臣が指定する三輪以上のものにあつては、総排気量については〇・〇五〇リツトル、定格出力については〇・六〇キロワツトとし、その他のものにあつては、総排気量については〇・〇二〇リツトル、定格出力については〇・二五キロワツトとする。」(道路交通法施行規則第1条の2)

このブログ記事について

このページは、海野が2010年12月 9日 09:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二種免許学科試験問題  N 116」です。

次のブログ記事は「二種免許学科試験問題  N 116 解答」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。