電動アシスト自転車

電動アシスト自転車(でんどうアシストじてんしゃ)とは電動機(モーター)により人力を補助する自転車。

 

電動自転車 自転車と原動機付自転車との中間的な車両で、ペダルを踏む力や回転数などをセンサーで検出し、搭載しているモーターによりペダルを踏む力を低減させる。

道路交通法で定められた基準を満たせば「自転車」として扱われる事となり、原動機付自転車では必須の運転免許やヘルメットの着用および自賠責保険への加入が不要となる。普通自転車としての基準も満たせば路側帯以外にも、自転車通行可の標識がある歩道を通行することができる

足で漕がなくても自走可能な電動自転車は原動機付自転車(モペッド)として区別される。

このブログ記事について

このページは、海野が2010年11月30日 09:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二種免許学科試験問題  N109」です。

次のブログ記事は「後部座席シートベルト義務化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。