暗順応 人間の能力と運転

暗順応 人間の能力と運転

暗い所で目が慣れて、しだいに物が見えるようになること

例えば、映画館に入って、すぐには、周囲の椅子等が見えないという経験をしたことがあると思います。

車の運転では、トンネルに入ったときに、明るいところから急に暗いトンネルに入ると、最初は何も見えない状態になります。やがて、少しずつ見えるようになります。これを。「暗順応」と言います。

暗順応のほうが、明順応より時間がかかります。

暗順応 人間の能力と運転

このブログ記事について

このページは、海野が2010年11月25日 10:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「明順応 人間の能力と運転」です。

次のブログ記事は「二種免許学科試験問題  N103 解答」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。