明順応 人間の能力と運転

明順応 人間の能力と運転

暗い所から急に明るい所に出たとき、まぶしさがしだいに薄れ、明るさに慣れて物が見えるようになること。

例えば、太陽の光が目に入ったときなどに、一瞬何も見えなくなる経験をしたことがあると思います。

車の運転においては、暗いトンネルの出口を出た時に、最初はまぶしくてよく見えませんが、しばらくすると目が慣れrて通常通り見えるようになります。これを 「明順応」と言います。

トンネル

 

このブログ記事について

このページは、海野が2010年11月25日 10:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「順応 人間の能力と運転」です。

次のブログ記事は「暗順応 人間の能力と運転」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。