順応 人間の能力と運転

順応

人が自分の内的状態や機能および行動を生活環境に適合させること。1)感覚的順応と、2)社会的順応がある。 1)は、感覚器官が一定の刺激を受け続けた結果、その刺激に慣れ、感覚の質・明瞭さ等が低下することをさす。たとえば、明るい場所から暗い場所に移ったとき目が見えなくなる。しばらくたつとその中でもある程度目が見えるようになる。これを暗順応といい、逆の場合を明順応という

 

このブログ記事について

このページは、海野が2010年11月25日 09:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二種免許学科試験問題  N103」です。

次のブログ記事は「明順応 人間の能力と運転」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。