駐車余地駐車禁止 3.5m

駐車余地駐車禁止とその例外

車は、駐車した場合、車の右側の道路上に3.5m以上の余地がなくなる場所では駐車してはいけません。 【道路交通法第45条2】

無余地駐車 3.5m

しかし、次の場合は、例外として駐車することができます。

①荷物の積み下ろしで運転者がすぐに運転できる状態にあるとき。

②傷病者の救護のためやむえないとき。

 

このブログ記事について

このページは、海野が2010年11月12日 09:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二種免許学科試験問題  N091」です。

次のブログ記事は「二種免許学科試験問題  N091 解答」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。