「空走距離 」 二種免許用語集

「空走距離 」 二種免許用語集

 

空走距離とは、運転者が危険を感じてからブレーキをかけて、ブレーキが実際にきき始るまでの間に車が走る距離

 

運転者が危険を感じてからブレーキをかけて、ブレーキが実際にきき始るまでの時間を反応時間といいます。

反応時間は、通常1秒かかるといわれます。

車が1秒間に走る距離は

時速20km ---6m

時速40km ------11m

時速60km ---------------17m

時速80km ------------------------28m

 

だれが運転しても同じ距離です。

 

空走距離は、運転者疲れているときなどは、反応時間が長くなり空走距離も長くなります。

 

 

 

二種免許学科試験 用語集

 

合宿免許スーパー 0120-501-519

 

二種免許が合宿免許で取れる自動車学校

 

横手自動車学校

湯沢自動車学校

洲本自動車教習所

 

二種免許を合宿免許スーパーへ申込

 

大型免許、けん引免許を合宿免許へ申込

 

合宿免許スーパー 0120-501-519

 

このブログ記事について

このページは、海野が2010年10月 9日 10:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二種免許学科試験問題  N058」です。

次のブログ記事は「「制動距離 」 二種免許用語集」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。