認知 判断 操作 「疲労をさける方法」

人間の行動は、認知 判断 操作の繰り返しです。

車の運転も、認知 判断 操作です。

運転者が、走行中にブレーキをかけるときは、

①目で障害物を認知する。

②衝突する、ブレーキをかけると判断する。

③ブレーキ操作をする。

この一連の動作を運転中は、短時間のうちに行います。

「認知」をするのが、目 視覚です。

運転中は、たくさんの情報が目から入ってきます。

それらを正しく判断し操作をすることが必要です。

長時間の運転による疲労は、まず、目からきます。

疲労を避ける方法

極度の疲れた状態で運転してはいけません。

①睡眠を十分に取り体調を整える。心身ともに健康な状態で運転する。体調が悪い、精神状態が不安定な時は運転しない。

②前もってゆとりある運転計画を立てる。長時間運転しないよう、2時間に1回は休憩を入れる

③疲れを感じた時は、無理をせず、早めに安全な場所止めて、仮眠をとったり、軽い運動をする。

 

 

 

このブログ記事について

このページは、海野が2010年10月27日 09:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二種免許学科試験問題  N077」です。

次のブログ記事は「飲酒運転、酒気帯び運転の禁止」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。