安全確保の義務

安全確保の義務

 旅客自動車運送事業車、運転者、車掌、その他の乗務員に対して、旅客の安全、確実、快適な運送を確保するために、次のような規則が定められています。

1.運行前に点呼をとるなどして、運転者が疾病、疲労、飲酒などの理由で安全な運転ができない状態になっていないかどうか確認すること。

2・整備不良による事故を防止するため、運行前の日常点検を実施し、安全な運行ができることを確認すること。

3.車内で安全を確保し、秩序を維持すること。

4.危険個所を通過するとき、旅客の安全を確保すること。

 

これらのことが守られて、目的地まで安全、確実、快適に運送できます。

このブログ記事について

このページは、海野が2010年9月25日 08:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二種免許学科試験問題 N027 」です。

次のブログ記事は「二種免許学科試験問題 N027 解答」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。