普通車の運転免許 合宿免許

普通自動車の免許には、MT車とAT車があります。

MT車は、マニュアル車とも言います。クラッチ操作やチェンジ操作が必要です。

2007年6月以前は、すべてこのMT車で運転免許を取っていました。

女の子も、クラッチ操作に苦労しながら教習していました。

AT車の普及に伴い、2007年6月にAT限定免許が新設されました。最近の車はほとんどがAT車ですね。

MT車で運転免許を取れば、MT,ATどちらも運転することができます。

AT車で運転免許を取れば、AT限定免許となりAT車しか運転できません。

運転免許証の条件欄に、「AT車に限る」という条件がつきます。

AT限定免許で、MT車を運転することはできません。

MT車を全く運転できないわけではありません。

AT限定解除の審査を受けて合格すれば、AT限定が解除となりMT車を運転できます。

AT限定解除審査は、4時限の教習を受けた後、技能審査があります。

この審査は、全国の指定自動車学校で受けられます。

提供 合宿免許スーパー

合宿免許のことなら 0120-501-519

このブログ記事について

このページは、海野が2010年3月 7日 21:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MT車、AT車 どっちにするか問題だ。」です。

次のブログ記事は「早く、安く 運転免許を取るには・・・・・合宿免許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。