MT車、AT車 どっちにするか問題だ。

普通車で免許を取るのだが、MT車とAT車があってどっちにするか。これは、大切なことです。

入校予約の段階で決めておかなくては、だめです。

教習料金や宿泊日数が違います。

ただし、入校以前の変更も可能です。

また、MT車で教習をしていて、どうしてもクラッチ操作やチェンジ操作がうまくできない場合は、

教習の途中で、MT車からAT車への変更も可能です。

泣くながら、教習するより、早くAT車に変更して楽に教習するほうがベストではないでしょうか。

AT限定の免許にはなりますが、MT車に乗らないといけなくなった時に、普通審査(技能4時限)というのを受けて、審査に合格したら、AT限定を解除できMT車を運転できるようになります。

 

このブログ記事について

このページは、海野が2010年2月28日 21:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「空室が少なくなって、ご迷惑をおかけしています。」です。

次のブログ記事は「普通車の運転免許 合宿免許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。