運転免許学科試験問題 問題 51−100問

問題 問題を見る>> 正解 解説
51 上り坂での発進は、できるだけハンドブレーキを利用するとよい・・・ 解説
52 経路を設計するときは、できるだけ短い距離の経路を選ぶほうが目的地に早く到達でき、安全である・・・ × 解説
53 仮免許による運転において、同乗指導を行う者の座席の位置は特に定められていない・・・ × 解説
54 運転免許には、第一種免許、第二種免許、仮免許の3つの種類がある・・・ 解説
55 歩道に黄色の破線の表示のあるところで、人を降ろすために停止した・・・ 解説
56 友人を乗せるため横断歩道から3m以内の場所に車を止めた・・・ × 解説
57 安全地帯の左側とその端から前後10m以内は、人の乗り降りのためでも車を止めることはできない・・・ 解説
58 自動車の右側に3.5m以上の余地がない道路で、荷物を積むため車のそばで運転者が指図しながら10分間車を止めた・・・ 解説
59 勾配の急な下り坂では駐車することはできないが、勾配の急な上り坂では駐車してもよい・・・ × 解説
60 夜間、一般道路に普通自動車を駐停車する場合は、車の後方に停止表示器材を置いても、非常点滅表示灯や駐車灯または・・・ × 解説
61 故障による車の停止は、駐車えではなく停車である・・・ × 解説
62 車両通行帯のある広いトンネルの中では、駐停車は禁止されていない・・・ × 解説
63 運転中に目が疲れた時は、見通しの良い直線部分で速度を落とし、まわりの景色を眺めながら運転するとよい・・・ × 解説
64 前日飲酒したアルコールが残っているように感じたので、特に注意して自動車を運転した・・・ × 解説
65 速度が速くなるにつれて、近くのものが見えにくくなる・・・ 解説
66 長時間運転するときは、身体を傾けて、窓枠にひじをかけるなどしたほうが疲労が少なくなる・・・ × 解説
67 路線バスの最終便が出た直後の停留所の3m以内で、タクシーが乗客を乗せた・・・ 解説
68 タクシーが駅前などのタクシー乗り場で客待ちをしているときは、回送板を掲示する・・・ × 解説
69 普通二種免許について自ら取り消しを申請する人は、本人の申し出によって普通一種免許を受けることができる・・・ 解説
70 運転免許の停止処分を受けたものがその停止期間中に運転しても、取り消しではないので無免許運転ではなく免許不携帯となる・・・ × 解説
71 2本の白色の実線で路側帯が表示されているところでは、その路側帯がいかに広くてもその中に入って駐車することはできないが・・・ × 解説
72 歩道や路側帯のない道路で駐車や停車をするときは、車の左側に0.75m以上の余地をあけて、歩行者の通行を妨げないようにしなけ・・・ × 解説
73 ブレーキ操作をする場合、運転者が疲れているときは、危険を認知してから判断するまでに時間がかかるので制動距離が・・・ × 解説
74 0.75m以下の路側帯のある道路に駐車するときは、車道の左側端に沿って駐車しなければならない・・・ 解説
75 同じ会社のタクシーやバスと行き違う時は、礼儀として軽い警音器を鳴らすのが良い・・・ × 解説
76 消火栓、消防用機械器具の置場、火災報知機から、5m以内は、駐車禁止である・・・ × 解説
77 駐車場から路線バスを始動するときは、運転席から目視によって前方と左右の安全確認を十分すればいい・・・ × 解説
78 風邪をひいていて熱があったが、そのことを事業所に申し出ることなくタクシーの運転業務に従事した・・・ × 解説
79 運転するときは、「自分は運転が上手だ」と思い込んで、自信を持って大胆に運転することが大切である・・・ × 解説
80 自動車の右側に3.5m以上の余地がない道路で傷病者の救護のために駐車した・・・ 解説
81 タクシーで客待ちをしていたところ、乗車の申し入れを受けたが、あまりに短距離だったので断った・・・ × 解説
82 普通免許を「受けた者が、免許証を持たないで普通自動車を運転すると無免許運転となる・・・ × 解説
83 消火栓や指定消防水利の標識のあるところ、消防用機械器具の置場、消防用防火水槽の取り入れ口から5m以内は駐車禁止である・・・ 解説
84 放置駐車違反は、運転者ばかりでなく、使用者もその責任を問われる・・・ 解説
85 路線バスは、大人一人が同伴する6歳未満の子供一人については、無償で運送しなければならない・・・ 解説
86 白色1本線の路側帯の設けられている場所で駐停車するときは、左側に0.75m以上の余地をあければ、路側帯に中に入って駐停車することができる・・・ 解説
87 運転免許証の取消処分を受けた人が新たに免許を再取得する場合は、初めて免許を取得しようとする人と全く同じ講習、試験を受けなければならない・・・ × 解説
88 タクシーは、横断歩道上で乗車を求めている人がいても、横断歩道上で乗車をさせてはいけない・・・ 解説
89 道路の横に駐車している車の横に駐車することは禁止されているので、原動機付き自転車の横に駐車した・・・ × 解説
90 車庫の出入り口から3m以内は駐車することはできないが、その車庫の関係者や本人なら車庫の前に駐車してもよい・・・ × 解説
91 高速道路をタクシーで走行中、乗客から景色がきれいだからよく見たいとの理由で速度を落とすよう求められたので、減速して路側帯を・・・ × 解説
92 警察署長から交付された保管場所標章は、車のフロントガラスのじゃまにならないところに貼る・・・ × 解説
93 明るいところから急に暗いトンネルに入ると、視力は一時急激に低下するので、トンネルに入る前に速度を落とすのがよい・・・ 解説
94 高速走行中に急なハンドル操作をすると、遠心力の影響で受けて横転しやすくなる・・・ 解説
95 路線バスを運転中に知人から話かけられたので、必要以上の話ができないことを告げた・・・ 解説
96 路線バスを運転中、自転車横断帯を横断中の自転車があったが、急ブレーキをかけると乗客に対して危険なので警笛を鳴らして通過した・・・ × 解説
97 タクシーの運転者は、発進時に乗客からあらかじめ行き先を聞いておくべきである・・・ 解説
98 タクシーを運転中乗客がいないときに、急に眠くなったので、交通に支障のない、駐停車禁止でない場所に駐車して、しばらく仮眠をとった・・・ 解説
99 タクシーの運転者は長時間の運転をするので、乗客を乗せていないときはシートベルトを着用しなくともよい・・・ × 解説
100 タクシーを営業運転中、渋滞でしばらく進めなかった間、乗客に断ったうえで窓を開けてタバコを吸った・・・ × 解説

2/26現在 問題数 201 完成!

学科試験問題集

 

PageTop↑