車両通行帯が黄色の線で区画されている場合、進路変更してはならないが、右左折の場合は進路変更してもいい

 運転免許学科試験問題 問題 501-550問

問題
問題に戻る
正解
解説
501
交差点で二段階右折する原動機付自転車は、歩行者や車が混乱するので、交差点に入るまでは、右折の合図・・・
×
502
車両通行帯のある道路では、危険を避けるためやむを得ない場合以外は、車線をまたがって通行しては・・・
503
車は左側通行が原則だが道路工事等で、左側の道幅が狭い場所や右側通行の標示がある所では・・・
504
二つの通行帯があったので、左側の通行帯を走行していたが、やむを得ず追い越すときだけ、中央寄りの・・・
505
高速道路の加速車線では、安全のため低速で走り、本線車道に入ってから一気に加速して流れに入るのが大切である・・・
×
506
高速道路上で故障した時は、車を路側帯によせて停止し、後方の路上に停止表示機を置くとよい・・・
×
507
高速自動車道を通行中、緊急自動車が本線に入ろうとしてきたが、自分の車は速度を落とすと危険なのでそのままの・・・
×
508
高速道路の本車線の道路で低い速度が安全だと、渋滞や天候不順などにかかわらわらず50km/h以下・・
解説
509
高速道路を高速運転する時、近くのものが見えにくく、飛散物が飛んでくることもあるので、前方だけに全神経・・・
×
解説
510
高速道路を運転中、トンネルの出口などでは横風でハンドルをとられることがあるので注意する・・・
解説
511
夜間でも前方50m、高速道路なら200m先がはっきり見えるトンネル内は前照灯と尾灯はつけなくてもいい・・・
×
解説
512
高速道路で速度規制のないところの普通貨物自動車の制限速度は100km/hである・・・
解説
513
高速道路で三つの車線がある時の一番右側の通行帯は高速車線である・・・
×
解説
514
高速道路では、原動機付自転車は通行できないが、125cc以下の普通自動二輪車は通行できる・・・
×
解説
515
高速走行中、強くブレーキを踏むと車輪がロック状態になり、停止距離が短くなる・・・
×
解説
516
高速道路を長時間走ると疲労が激しいが、高速道路では操作が単調であるから3時間に1回くらいの休憩で十分である・・・
×
解説
517
高速で走行中ブレーキをかける必要があるときは、エンジンブレーキで速度を落とし、フットブレーキを断続的に踏む・・・
解説
518
高速道路では、横断、転回は禁止されているが、後退はしてもいい・・・
×
解説
519
赤色の信号と同時に青色の矢印の信号が表示されているとき、自動車は青色の矢印の方向に進める・・・
解説
520
交差点で対面する信号が黄色の点滅をしているときは、必ず一時停止して安全を確かめる・・・
×
解説
521
信号機が「黄色の灯火の矢印」のときは、路面電車と路面バスを矢印の方向に進める・・・
×
解説
522
警察官が交差点で灯火を頭の上にあげているのに対面する時は、信号機の「黄色の灯火」の信号と同じ意味である・・・
×
解説
523
赤色の点滅信号の場合は徐行して他の交通に注意し、他の交通の妨げとならないように通行する・・
×
解説
524
信号には歩行者のみの信号があるので注意しなければならない・・・
解説
525
横の信号が赤色の時は正面の信号が赤色であることはない・・・
×
解説
526
警察官が進行方向と平行に灯火を横に振る信号をしていたが、これは灯火の振られている方向へ進める合図である・・・
解説
527
信号機の信号が「黄色の灯火」の時、車は徐行して進むことができる・・・
×
解説
528
深夜走行中に赤色の灯火が点滅していたが、交通量が少なく横からの車が来ていなかったのでそのまま通過した・・・
×
解説
529
交差点で警察官の手信号で交通整理をしていて腕を水平に上げている時、その腕に平行する交通は、信号機の青色と同じである・・・
解説
530
 
   

 

PageTop↑