車両通行帯が黄色の線で区画されている場合、進路変更してはならないが、右左折の場合は進路変更してもいい

 運転免許学科試験問題 問題 401-450問

問題
問題に戻る
正解
解説
401
この標識は、「バス専用通行帯」の標識であるが、原動機付自転車は通行できる・・・
402
この標識のあるところでは、原動機付自転車と自転車は通行できる・・・
×
403
この標識は、「指定方向外通行禁止」の標識である・・・
×
404
この標識のあるところでは、「二輪の自動車通行止め」であるが、原動機付自転車は通行できる・・・
×
405
前方の交通が混雑しているときは、原動機付自転車は、歩行者がいなければ自転車専用通行帯帯や歩道を通行してもいい・・・
×
406
道路の片側の幅が6m以上あるところで車を追い越す時は、道路の右側部分にはみ出してはいけない・・・
407
車両通行帯のない道路では、中央線から左側であればどの部分を通行してもいい・・・
×
408
同一方向に三つ以上の通行帯がある場合、車両の少ない通行帯を選んで通行する・・・
×
409
二つ以上の通行帯がある場合、両方の通行帯にまたがって通行するのが安全である・・
×
410
道路に面した場所に出入りするため歩道や路側帯を横切る場合、人がいないときは必ずしも一時停止の必要はない・・・
×
411
車はやむを得ない場合、安全地帯を通行してもよい・・・
×
412
歩道や路側帯のない道路の左側から0.5mの部分は路肩であるから自動車(二輪を除く)を乗り入れてはならない・・・
413
歩行者用道路を警察署長の許可を受けて通行が認められた車は徐行しなくても通れる・・・
×
414
原動機付自転車は警察署長の許可を受けなくても歩行者用道路を通行できる・・・
×
415
軌道敷内は右左折のため横断する場合や危険防止のためやむを得ない場合は通行してもよい・・・
416
前方の交通状況を見て、明らかに横断歩道上で停止しなければならないときでも、青信号であれば進まなければならない・・・
×
417
車は道路に面した場所に出入りするため、歩道や路側帯を横切ってはならない・・・
×
418
道路の左側部分の幅が6m以上あれば、中央から右側部分にはみ出して追い越ししてもいい・・・
×
419
車両通行帯のない道路では、追い越しや右折でやむを得ない場合以外は左側によって通行する・・・
420
同一方向に2つ以上の車両通行帯がある場合、好きな方の通行帯を通行してよい・・・
×
421
交差点内で緊急自動車が近付いてきた場合、緊急自動車に進路を開けるため、その場で停止するか徐行して進路を譲る・・・
×
422
左折の時、あらかじめできるだけ道路の左端により、交差点の側端に沿って徐行する・・・
423
交差点およびその付近以外の場所で緊急自動車が近付いたときは、左によって進路を譲る・・・
424
右折するときは道路の中央によって、交差点の中心のすぐ内側を徐行して通過する・・・
425
進路変更禁止区間であったが、後方から緊急自動車が近づいたので、進路を変更して緊急自動車に進路を譲った・・・
426
一方通行の道路で、緊急自動車がちかづいてきた時は必ず左によって進路を譲る・・・
×
427
一方通行の道路から右折する時は、あらかじめ道路の右端により交差点の中心の内側を徐行する・・・
428
交通整理が行われている片側3車線の道路の交差点では、原動機付自転車は二段階右折をしなければならない・・・
429
前の車が道路外に出るため道路の中央によろうとして合図をしている場合、その進路を妨げてはいけない・・・
430
車などが右折しようとする場合その交差点で直進か左折する車があるときは、自分の車が先に交差点に入っていてもその進行を妨げてはいけない・・・
431
歩行者のそばを通る時は、歩行者との間に間隔をあけることができる場合でも、徐行しなければならない・・・
×
432
二輪車のエンジンを止めて押して歩くときは、歩行者として扱う・・・
433
路面電車の停留所や安全地帯に人がいるときは、その手前で必ず一時停止しなければならない・・・
×
434
横断歩道のない交差点を歩行者が横断していたので一時停止して道をゆずった・・・
435
横断歩道に近づいたとき、明らかに歩行者がいない場合を除き、その手前で停止できるような速度で進まなければならない・・・
436
歩行者が横断歩道を通行していないことが明らかな場合でも、横断歩道は、人が横断するためにところだから必ず徐行しなければならない・・・
×
437
横断歩道の手前で止まっている車があるときは、駐車車両のかげから飛び出しがあるかもしれないので、安全確認の後、徐行・・・
×
438
横断歩道と自転車横断帯の前後30m以内では、自動車も原動機付自転車も追い越してはならない・・
439
停車している通学通園バスのそばを通る時は、必ず一時停止する・・・
×
440
初心運転者標識や高齢運転者標識、仮運転免許練習中の標識をつけた車の側方を通過したり、追い越しをしたり・・・
×
441
最高速度で走っている車を追い越すときは、決められた速度以上の速度を出してもよい・・・
×
442
大型貨物自動車の一般道路における最高速度は50km/hである・・・
×
443
停止距離は空走距離と制動距離を合わせたものである・・・
444
路面が雨でぬれて、タイヤがすり減っている場合の停止距離は長くなるので、普段の2倍くらいの車間距離が必要である・・・
445
運転中は決められた速度の範囲内で、道路や交通の状況に応じて安全な速度で走行する・・・
446
ブレーキと制動灯は連動しており、ブレーキを数回に分けて踏むと後続車の迷惑になるので一度に踏むのがよい・・・
×
447
50km/hから20km/hmまで速度を落とせば徐行したといえる・・・
×
448
見通しがよくても曲がり角では、徐行しなければならない・・・
解説
449
交通整理が行われている見通しの悪い交差点では、優先道路を通行している場合でも徐行しなければならない・・
×
解説
450
総排気量に関係なく、自動二輪車の最高速度は60m/hである・・・
解説

 

PageTop↑